うさぎや 日本橋本店

「日本橋って老舗がたくさん残ってる街だよね~」
「その中でも、うさぎやは手軽に美味しい和菓子が手に入る貴重なお店!」

どうも~!生まれも育ちも東京のけやぽんです

日本橋にうさぎやは二軒あります。コレド日本橋の向かい側にある中央通り店のうさぎやは、間口が狭く通り過ぎてしまいそう。
もう一軒は、裏通りにあり間口は広いのですが、ひっそりと佇んでいるという感じのお店です。

二軒とも、日本橋の駅からほど近いので買いやすいですよ~。

うさぎやで、我が家の一押しなのがどら焼きです!皮がしっとりしていて美味しいんですよね~^^

では、うさぎや日本橋店の和菓子の種類や、どら焼きについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「うさぎや」日本橋にある二店舗はこんなところ!

うさぎや
日本橋本店

うさぎや 中央通り店
中央通り店

うさぎやは大正2年に上野で創業しました。創業者の谷口喜作がウサギ年であったことから「うさぎや」という屋号になったそうです。
そして、創業者の三男、谷口豊三さんが昭和23年に創業したのが、日本橋のうさぎやです。

お店は暖簾分けではなく、それぞれ独立し、自分たちの味を追求しているので、味や原材料など様々なところが少しずつ違っています。

では、日本橋中央通り店のメニューをご紹介していきますね。

うさぎの形の生菓子210円税込)。触ると、ふわふわ&もちもちとしていてやわらかい皮(求肥に卵白や砂糖などを加えているのだそう)の中に、こしあんが入っていて上品なお味。

日本橋 うさぎや

粒あん羊かん(800円税込)
こしあん羊かん(800円税込)
抹茶羊かん(800円税込)
栗羊かん(1200円税込)
通り小町最中10ケ入(1200円)

日本橋 うさぎや

通り小町最中6ケ、焼き菓子6ケ詰め合わせ(1660円税込)
どら焼き3ケ、通り小町最中6ケ詰め合わせ(1440円税込)

日本橋 うさぎや

どら焼き(210円税込)
生菓子(各210円税込)

日本橋 うさぎや

半生菓子 14ケ入(1500円税込)
半生菓子 20ケ入(2150円税込)
半生菓子 40ケ入(4200円税込)

と、一気にご紹介してみました。

どら焼きで有名なお店ですが、この通り、どら焼き以外にもラインナップはかなり豊富です。来客用のお茶請けを探している時なんかは、ついつい色んなものに目移りしちゃって、衝動買いの欲求を押さえるのが大変です(笑)

と言いつつも、今回ぜひともご紹介したいのはどら焼きでしたので、他のものへの欲求はひとまず抑え込み、しっかりとどら焼きを購入しました。と言うことで、ここからはそのレビューをしていきます!

うさぎやの最大の魅力!日本橋のどら焼きを詳しくレビュー

うさぎや 日本橋

娘ちゃん娘ちゃん

あ~この匂い!!うさぎやのどら焼きの匂いだわ~。やっぱり私うさぎやのどら焼きが一番好きかも。これってドラえもんがいつも食べてるどら焼きに似てない?

日本橋 うさぎや

けやぽんけやぽん

そうだね。似てるね。皮がしっとりしながらも、もちっとした感じがあるし、北海道十勝産の餡は、しっとりとしていて粒に輝きがあるよね。甘すぎるお菓子は苦手だけど、これはちょうどよい甘さだね。皮もほんのり甘くて、あんとのバランスがGOOD!とっても美味しい!

計ってみると

  • 直径9.6センチ
  • 高さ3センチ
  • 重さ118グラム
原材料は

・小豆
・砂糖
・小麦粉
・全卵
・ハチミツ
・水飴
・膨張剤

当日が美味しいと言われているうさぎやのどら焼きですが、食べきれなかったので翌日もいただきました。

うさぎや どら焼き

昨日とは見た目が違いますね。昨日のどら焼きは、餡がしっとりキラキラしていたのですが、皮に水分を取られてしまっています。

そして、風味が違います。食べてみると皮のしっとり感、もちもち感が減っていて、あんもキラキラしていません。

娘ちゃん娘ちゃん

普通のどら焼きと同じになっちゃった(T_T)

こんなに違うとは思いませんでした。美味しいものは美味しいうちに食べないといけないですね。

お店ごとのどら焼きの違いも面白い!

先に少し触れましたが、日本橋、上野、阿佐ヶ谷のうさぎやでそれぞれどら焼きに違いがあります。

それこそ、サイズなどの見た目から、あんの味まで細かいところで少しずつ差があって、食べ比べてみなければ分からなかったことにたくさん気づけて、本当に面白かったです。自分好みのものを探してみるのもちょっとしたレジャーになると思いますよ。

比較記事のリンクを置いておきますので、ぜひ合わせてご覧になってみてください~。

うさぎやのどら焼き徹底レビュー!店舗別の差が中々どうして面白い

では、お土産にするときなどに気になるどら焼きの賞味期限についてお話しますね。

うさぎやのどら焼きの賞味期限は?

これは日本橋本店で買った時のもの。どら焼き(210円)の賞味期限は製造日翌日までと書いてあります。

日本橋 うさぎや

うさぎやは、上野、日本橋のほかに阿佐ヶ谷にもあります。この内、阿佐ヶ谷店では製造日を含め、3日間と1日長いんです。多少長くもつお土産をなんて思う時は結構重宝するので、ぜひ頭に軽く置いておいてください^^

では、うさぎやの基本情報です^^

うさぎや日本橋店舗二軒の基本情報

日本橋本店
住所:〒103-0027 東京都中央区1丁目-2-19 日本橋日本橋ファーストビル1F
電話:03-3271-9910
時間:9:30~18:00(予約の引き取りは17:30まで)
休日:土・日・祝日

日本橋中央通店
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目3−8 ディアマントビル
電話:03-3271-9880
時間:9:30~18:00
休日:日・祝日

うさぎや本店への詳しい行き方

東京メトロ銀座線、東京メトロ東西線、日本橋駅A4出口から徒歩1分。

日本橋A4出口

日本橋A4出口を出ると交通銀行のビルの外に出ます。右に曲がり、交通銀行のビルを又右に曲がります。

日本橋 交通銀行

そのまま、15秒位歩くと、うさぎや本店が見えてきます。

うさぎや 日本橋本店

うさぎや 中央通店への詳しい行き方

東京メトロ銀座線、東京メトロ東西線、日本橋駅B9出口から徒歩1分。
日本橋駅B9に行く入り口。このエレベーターを昇ったら右後ろに出る。

うさぎや B9出口

右後ろを見たところ。B9出口をでたら左に曲がり10秒くらい歩きます。

日本橋駅 B9出口

うさぎや中央通店に着きました。

うさぎや 中央通店

行き方が分かったところで、内容をもう一度みておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • うさぎやは上野で創業し、日本橋店は創業者の三男が創業した。
  • うさぎやの商品はどら焼きの他にも最中、羊かん、生菓子など。
  • うさぎやのどら焼きのお味は、皮はしっとりしてもちっと弾力があり、餡は程よい甘さでしっとりと耀いている。
  • 賞味期限は翌日までだが、翌日は味が半減してしまう。

うさぎやのどら焼きは東京三大どら焼きの一つと言われています。東京三大どら焼きとは、浅草の亀十東十条の草月、そしてうさぎやです。

うさぎや本店は裏通りにあるので、並ばずに買えることが多いです。うさぎやの中央通店は大通りに面していることもあり、いつも並んでいるという印象があります。並ぶと行っても、10分~15分位です^^

人気商品のどら焼きは、午後には売り切れてしまうこともよくあるそうなので、予約していくのが確実ですよ。紙袋で何袋も持ち帰られている方をよく見かけますので^^;
予約をしていると、列に並ばずに買うことができますよ

上野のうさぎやカフェの、どら焼きの皮にバターとあんこをつけていただく「うさパンケーキ」もおすすめです!

「上野うさぎやカフェのうさパンケーキに首ったけ!朝10分だけの幸せ」の記事はこちら

当ブログの管理人"けやぽん"ってこんな人!? ⇒詳しいプロフィール
スポンサーリンク
"公式LINEはじめました" 東京いいとこみーつけた!の最新情報や、ブログでは書けないエピソードなどをお届けします♪ 友だち追加

“うさぎや 日本橋店を徹底レビュー!どら焼きをメインにご紹介” への2件のフィードバック

  1. けやぽんさん、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

    岸田です

    パクつきたくなりますやんか〜(笑)

    リアル感バリバリなレビュー、ナイスで共感しちゃいますd( ̄  ̄)キリッ

    1. 岸田さん、コメントありがとうございます(*^^)v
      本当に餡も皮も美味しいので、是非パクついてみてくださいね~!

コメントを残す